出版に関するご相談  ~  沖縄で、あなたの本をつくりませんか。

経験ゆたかな編集者のサポートで、質の高い本作り。
書店での流通ももちろん可能です。

ボーダーインクでは、企画出版、自費出版に関するご相談を常時、受け付けています。
企画、原稿の持ち込みなど、お気軽にご連絡ください。
沖縄に関する本なら、ぜひ地元の出版社で作ってみませんか。

これまでに出版した自費出版ジャンル

自費出版の流れ

まず相談ください!

企画、原稿の相談から、見積もり、編集、デザイン、校正、印刷、書店販売といった出版に関する全ての過程をサポートします。まずは原稿を郵送か、メール等で送りいただくか、直接小社にご持参ください。
(直接お越しの際は、事前に小社にご連絡をお願いします)
編集部が、著者からご希望の体裁(サイズ、ページ数、カラーページの有無など)、出版時期、予算、販売の有無などをヒアリングの上、お見積もり額を決定・ご提出します。

出版決定後は!

出版が決定しましたら、契約書を交わした上で、編集作業に入ります。本によって違いはありますが、編集がスタートしてから出版までおおよそ3ヶ月ほどが目処となります。
本文の構成・レイアウト、校正、ジャケットのデザイン、印刷など、出版に関する全ての過程を、経験ゆたかな編集者がきめ細かくサポートします。

出版費用の目安

出版費用には、編集費、ジャケットデザイン費、印刷費などが含まれます。
費用は (1)本のサイズ (2)部数 (3)ページ数 (4)カラーページの有無 (5)原稿にどの程度、手を加えるか (6)写真やイラストの点数 (7)書店販売の有無、よって変動します。
また、一般的にハードカバー(上製本)は、ソフトカバーよりも費用がかかります。
ご希望のタイプの書籍がありましたら、ご相談時にお持ち下さい。だいたいの目安ですが、以下の例でおおよそ850,000円になります。

サイズ
一般的な書籍のサイズである四六判(しろくばん=横 128 ミリ × 縦 188 ミリ)ソフトカバー(並製本)、本を巻くジャケット付き(カラー)
ページ数
200ページ、文字主体、モノクロ
部数
500部
販売方法
県内の書店(およそ30店舗)および県外書店(地方・小出版流通センター扱い)、小社ホームページでの販売あり※知人やご親戚等の方々を中心に直接配布・販売するご予定なのか、あるいは、書店販売をご希望されるのか等、ご相談時にお伺いいたします。

入稿の注意

出版が決定し、原稿を入稿する際は、以下の点にご留意ください。

  • ●手書きで入稿する場合、文字を入力しなければならず、入力費が加算されます。
  • ●入稿の際はなるべく、テキストデータに変換をお願いします。
  • ●その他詳細や不明な点は、小社までお気軽にお尋ねください。

ご相談はこちらに

NEWS お知らせ
2017年06月07日
『ちねん岬の古本市』沖縄郷土本フェアや新城和博のトークショー 場所:南城市地域物産館 日時:7月8日~9日詳しくはコチラ
2017年06月07日
『キッチンフィットネス』出版記念イベント 「テレビを見ながら3キロ落とそう」  日時:6月25日(日)15:00~16:00 場所:リウボウブックセンターリブロ