市場通りは行き交う人も本もおもしろい。今日も淡々と店番中。

 

たちまち増刷!

「市場の古本屋ウララ」店主の本が刊行されました。

日本一大きな新刊書店の書店員から、日本一狭い古本屋の店主へ。

〈ジュンク堂那覇店が開店するときに東京から異動してきた私が、

その二年後にひとりで古書店を始めるとは、自分でも思いもしなかったー〉

 

 

市場通りは行き交う人も本もおもしろい。三畳の帳場から眺める、日々の切れはしを綴った、著者初めてのエッセイ集。待望の、と言ってもいいでしょう!

 

 

〈豚の顔皮(ちらがー)で有名な第一牧志公設市場の向かい側で、隣は漬物屋さんと洋服屋さん、前は鰹節屋さん。通りには土産物屋も餅屋も傘屋もある。アーケードの下、みんな道にせり出して、顔をつきあわせて店番をしている。畳三畳のスペースに本を並べる。メインは沖縄に関する本で、ほかに人文・文芸・芸術・実用書など、試行錯誤しながら少しずつ揃えている。路上に座って扇風機を回しながら  古本を売るという仕事があるなんて、まず想像できないだろう。そんな仕事をしている人は、私のほかに何人くらいいるのだろう〉本文より抜粋

 

 

 

 

ブログ、雑誌、新聞で発表された作品に書き下ろしを多数加えてミックスアップした内容になっています。これを機会にぜひご一読お願いします。

 

 

●目次

古本屋、始めました 

Ⅰ 沖縄で沖縄の本を売る

人文とジンブン 沖縄本の棚  沖縄では本は売れない?
近い本、遠い本  目をこらす コンビニから餅屋まで 
船に乗って   面白くて厄介  EKE  異動と移住  
次にやる人  

Ⅱ 開店前夜

二十年後  沖縄語辞典  不動産屋・自練・本屋  
世界のウチナーンチュ大会  古本とコーヒー  
本棚   店の名前  開店前夜  
 「とくふく堂」閉店  みーぐち 看板
開店の日  

Ⅲ 路上に座って店番中

机とヒンプン  「日本一狭い古本屋」と呼ばれて  
牧志三ー三ー一  地縁  金々節   市場中央通り  
数字  ひも  くもこ  立体   沖縄の元気な古本屋  
ウララをうたう  フクロウ   大市  
ユッカヌヒー   読んでいない本について   ジンブン
    那覇の本屋さんだいたいマップ・沖縄本島の古書店データ  

Ⅳ 市場通り繁昌節 オフ・ビート・ウララ

エプロン  あとつぎ  箱 電球  夜と朝  別の朝 I'm open  美容院  職業占い 女の子には向かない職業  末は作家ね ダイヤルは四列  スピリチュアル・ミャーク 一号線  ツイード テニスコート  鼻 首里  線引  OKINAWA  新年会 旧正月侵出  異動と移住、その後 三十年前のウララ

おまけ 「広州書墟」 ウララ、中国の古書イベントに行く 
 
あとがき

■宇田智子(うだ・ともこ)
1980年神奈川県生まれ。2002年にジュンク堂書店に入社し、池袋本店で人文書を担当する。2009年、那覇店開店に伴い異動。2011年7月に退職し、同年11月11日、那覇市の第一牧志公設市場の向かいに「市場の古本屋ウララ」を開店する。

2013年7月刊行
8241_1

那覇の市場で古本屋   ひょっこり始めた〈ウララ〉の日々
宇田智子
四六判  224頁
1,600円+税
978-4-89982-241-7

タグ

投稿日
2013年10月29日
カテゴリ
文芸
NEWS お知らせ
2017年09月26日
9月27日深夜から28日深夜の間、本サイトはメンテのため閉鎖いたします。ご了承よろしくお願いします。
2017年09月12日
宮城ヨシ子さん写真展『Frame out』 2017年10月14日(土)~22日(日) 会場:tomari