沖縄の過去と未来について考えるとき、僕はシマと対話する。

「シマ」から「シマ」へ縦横無尽に走りぬけ、骨太な活動を続ける南島詩人、 思索の森を歩き、刻んできた魂の対話と写真が紡ぎ出す 圧倒的感動の情熱ブログ、待望の書籍化!「シマは、僕にとって老賢者のような存在だ」。(平田大一/南島詩人)

「己と向き合い、南島詩人と対話し、シマと語り合うかのような魂の共演に、僕は奮わされた」(桑村ヒロシ/写真)

 

●目次

序 前略 南のシマジマ
1章 南島の哲人 
2章  使命という名のシゴト 
3章 風の行方  
4章 シマの声 
5章 島人北上
6章 天を衝く!
7章 沖縄よ何処へ 
結 三拝云 

●著者プロフィール
平田大一(ヒラタダイイチ)
1968年沖縄県小浜島生まれ。18歳の時から「南島詩人」を名乗り、自作自演の詩朗読舞台「南島詩人一人舞台」で独自の世界観を確立。
シマで砂糖キビを育てながら宿屋を営む傍ら、舞台活動も積極的に展開。
2000年に子ども達による「現代版組踊・肝高の阿麻和利」を演出したことをきっかけに多くの舞台を手がけ、県内外から好評を博す。
その後、文化施設「きむたかホール」初代館長、那覇市芸術監督、一般社団法人タオファクトリーの代表理事などを務める。
今、沖縄で最も注目される、行動する詩人、若き演出家として絶大な支持を集めている

桑村ヒロシ(クワムラヒロシ)
1968年生まれ、五島福江島出身。編集制作プロダクション・(有)イコノグローブを主
宰し、デザイン制作・写真撮影・編集執筆までマルチに活動中。
現在、沖縄県産ブログ「てぃーだブログ」の公式WEBマガジン「ryuQ」の編集人。

●2009年7月31日 発行
シマとの対話

シマとの対話  琉球メッセージ
平田大一・桑村ヒロシ著
A5判変型  114ページ
1,500円+税
978-4-89982-163-2

タグ

投稿日
2009年7月31日
カテゴリ
コラム・エッセイ
NEWS お知らせ
2017年09月26日
9月27日深夜から28日深夜の間、本サイトはメンテのため閉鎖いたします。ご了承よろしくお願いします。
2017年09月12日
宮城ヨシ子さん写真展『Frame out』 2017年10月14日(土)~22日(日) 会場:tomari