島の民家が美容室になった
心あたたかくなる写真集

沖縄・渡名喜島

四百人が住むその島で月に十日だけあいている

美容室の物語

写真家・福岡耕造が、沖縄の離島で出会った美容師と、その美容室にくる島の人々のポートレート、島の心象風景、島民の生活などに迫った、映画の始まりのような写真集。

「こういう生き方もいいものだ。島へ来て自分がかわった」

著者・福岡耕造より

400人が暮らす沖縄の離島。この島には長い間美容室がなく、島民は船に乗りわざわざ那覇まで髪を切りに行っていた。六年前に一人の男がこの島を訪れ数日間滞在していった。二ヶ月後、男はまた島に戻ってきた。男は美容師だった。彼は島の集落に美容室をつくり、毎月10日間ほど島に来て島民の髪を切るようになった。島の人々はもう髪を切りに那覇まで行くことはなくなった。やがてその美容室は島の人々の憩いの場となっていった。

僕はいままで多くの離島を訪れたが、この島にはじめて来たとき、この島の景勝が妙にしっくりときた。食堂のおばちゃんの髪型が洒落ていたのでどこでカットしているのか聞くと、内地から毎月やってくる美容師さんに切ってもらっているという。そこに向かうと古い民家に美容室はあった。中を覘いてみると、パーマをかける90歳のおばあ、ヘミングウエイ似の真っ黒な顔をした漁師のおじい、数ヶ月後には島を離れて行く中学生達が所狭しと集っていた。僕はその美容師、美容室に来る人たちに魅了され撮影をはじめた。

はじめの頃は、島のお年寄りは写真に慣れていなく、口々に”こんなおばあ撮ってどうするのさ~”と言われ、レンズを向けるとみんな顔を隠し逃げていった。次第に、その美容師を通じ人々とも打ち解け、“また来たの~”といい表情を見せてくれるようになった。

同時に、通うごとに見えてくる沖縄、そして離島が抱える問題を感じざるをえなかった。かつて千人ほどいた島の人口は半分以下になりその三割以上が高年齢者だ。目の前の島では米軍の射撃練習が行われ、蝉の声がかきけされる。そんな現実を体感しながらも、すばらしい自然、すばらしい島の人々の魅力を、そして毎年数人しか産まれない、島の将来を担う子供たちを追った。

 

 

●目次

僕はいままで多くの離島を訪れたが、この島にはじめて来たとき、この島の景勝が妙にしっくりときた。食堂のおばちゃんの髪型が洒落ていたのでどこでカットしているのか聞くと、内地から毎月やってくる美容師さんに切ってもらっているという。そこに向かうと古い民家に美容室はあった。中を覘いてみると、パーマをかける90歳のおばあ、ヘミングウエイ似の真っ黒な顔をした漁師のおじい、数ヶ月後には島を離れて行く中学生達が所狭しと集っていた。僕はその美容師、美容室に来る人たちに魅了され撮影をはじめた。
はじめの頃は、島のお年寄りは写真に慣れていなく、口々に”こんなおばあ撮ってどうするのさ~”と言われ、レンズを向けるとみんな顔を隠し逃げていった。次第に、その美容師を通じ人々とも打ち解け、"また来たの~"といい表情を見せてくれるようになった。
同時に、通うごとに見えてくる沖縄、そして離島が抱える問題を感じざるをえなかった。かつて千人ほどいた島の人口は半分以下になりその三割以上が高年齢者だ。目の前の島では米軍の射撃練習が行われ、蝉の声がかきけされる。そんな現実を体感しながらも、すばらしい自然、すばらしい島の人々の魅力を、そして毎年数人しか産まれない、島の将来を担う子供たちを追った。

●著者プロフィール
福岡耕造(フクオカコウゾウ)

1960年長野県生まれ。東京造形大学デザイン科グラフィック専攻を卒業後、渡英し英国全土を撮影。1990年帰国し、フリー写真家として活動を始める。広告、出版を中心に多くの撮影を手がけ、独自のテーマで作品を発表し続ける。写真展、受賞歴多数。2012年沖縄県「おくなわ」プロジェクト公式写真家。
主な著書:「ビートルズへの旅」(新潮社/リリー・フランキー共著)、「ビートルズ追憶の彼方」(アールズ出版)、沖縄のバンドHYドキュメント「HYの宝物」(朝日新聞出版)など

2014年3月発行
8251-1t

写真集 島の美容室
福岡耕造
A5横判  88頁
1800円+税
978-4-89982-251-6

タグ

投稿日
2014年3月13日
カテゴリ
沖縄の島々
NEWS お知らせ
2018年08月14日
もうすぐ30th anniversary ボーダーインクフェア 9/1(土)~9/30(日)ジュンク堂那覇店1Fにて
2018年05月18日
「ボーダーインク図書目録2018年夏」を制作いたしました。多くの新刊、そいて既刊本が約200点掲載されています。ご希望の方はボーダーインクまでお問い合わせください。