1. 『琉歌にひそむ昔びとの物語』

    2017年03月09日 民俗・文化

    ここにあり! いまよみがえる琉球の歌ごころ 島々村々に歌い継がれてきた恋歌には、情があり、笑いがあり、悲しみがある。忘れてはならない時代の記憶を、いまおもいのまま書きつづる。 気ままな筆致のなかに光るベテランジャーナリストの知見、いにしえの・・・ 89982-312-t

  2. 『沖縄のまじない』

    2017年02月14日 民俗・文化

    フーフダ、石敢當、シーサー、サン、ヒヌカン、ムンヌキムン、紫微鑾駕、ハブ除け、雨乞い 今も暮らしの中に息づく沖縄のまじない文化 長年にわたりフィールドワーク、文献研究、民間に伝わる文書の探究を続けてきた、沖縄のフーフダ・まじない研究の第一人・・・ 89982-314-t

  3. 『沖縄のデザインマンホール図鑑』

    2016年03月22日 歴史・地理

      デザインマンホールとは、JIS模様やメーカー模様とは別に、各市町村が地域の特色を独自にデザインしたマンホール蓋のこと。発祥は、なんと沖縄・那覇市だと言われています。   デザインマンホールには、その地域の特徴が色濃・・・ 2981-m

  1. 『復活のアグー 琉球に生きる島豚の歴史と文化』

    2016年02月02日 歴史・地理

    2月中旬刊行!予約受付中! 昭和初期までの沖縄の豚は島豚(シマウヮー)、すなわちアグーがほとんどで、全国一の養豚王国を誇っていた。「琉球料理は豚に始まり、豚で終わる」といわれるほど、豚とウチナーンチュは切っても切れない関係にある。 ところが・・・ 291_t

  2. 『泡盛の文化誌〈新装改訂版〉』

    2016年01月21日 民俗・文化

    沖縄が世界に誇るスピリッツ(蒸留酒)である〈泡盛〉。琉球王国時代には貴族の酒として王朝から許されたものしか製造を許されなかった泡盛が、王国崩壊後、明治時代になると庶民の酒として広まり、現在、庶民の酒として愛されている。本書では豊富な文献資料や、・・・ 292-9t

  3. 『ステーキに恋して 沖縄のウシと牛肉の文化誌』

    2015年03月20日 歴史・地理

        牛は、いつ沖縄にやってきて、どんな歴史を歩み、 どのように飼われ、どんなふうに肉になって わたしたちに食べられているのか?   牛の伝来そして人間との生活史にはじまり、 飼育農家、獣医師ら、牛にかかわる人々の取り組み、 生き・・・ 8274_t

  1. 『怒りのハナモー 大パニック! の巻 GO! GO! ウチナーたんけん隊』

    2015年03月18日 新書・シリーズ

        沖縄で活躍中の「かみしばいや〜さどやん」(佐渡山安博)の 紙芝居シリーズ、第二弾が登場しました。 今回の舞台は、糸満!   夕陽に照らされている海岸。 肩を落として、とぼとぼと歩く中学生女子。 鼻には大きなばんそうこう。 &nb・・・ 8273_t

  2. 『ソテツをみなおすー奄美沖縄の蘇鉄文化誌』

    2015年03月13日 歴史・地理

    「ソテツ地獄」という言葉がジャーナリストによって作られ、日本中に知られるようになってから、長い時が流れている。しかしソテツこそが人々を飢えから救って生き延びさせてくれたものだという意味で「ソテツは恩人」とも呼ばれている。 ソテツを食べた記憶を・・・ 89982-270t

  3. 『GO! GO! ウチナーたんけん隊 ターンムマジムン、あらわる!の巻』

    2014年12月15日 新書・シリーズ

        沖縄で活躍中の「かみしばいや〜さどやん」(佐渡山安博)の紙芝居が本になりました。   ある月の晩、物語は始まった……。 大地の神様の怒りから生まれた「ターンムマジムン」が、 宜野湾の街を破壊し始めた。   このままだと大変・・・ 8267t

NEWS お知らせ
2017年03月24日
[第3回宮脇書店おきなわ本フェア] 沖縄県内宮脇書店19店+大阪 宮脇書店コムボックス光明池店にて開催! 開催日程:4月22日~6月25日
2017年03月24日
[出版に関するご相談] 企画出版、自費出版に関するご相談を常時、受け付けています。 企画、原稿の持ち込みなど、お気軽にご連絡ください 詳しくはコチラ