活断層は沖縄にも存在する!
地震に無防備な沖縄に警鐘を。

沖縄でも地震は起きる「沖縄には大きな地震は起きない」そう思い込んでいる人はけっして少なくない。しかし、科学の目で見ればそれは迷信でしかない。地震を引き起こす「活断層」は沖縄島にも数多く存在する。日本を襲った地震災害を分析し、何が被害を大きくしたのか、どういう対策が必要なのかを提言します。

●目次

序 阪神大震災が起きた
第一部 沖縄でも地震は起きる
 一、はじめに/二、「沖縄は地震が少ない」は誤りである/三、宮城県沖地震の教訓/四、おわりに
第二部 地盤を考える
第三部 各地の地震災害に学ぶ
 西表の群発地震/各地の地震から何を学ぶか
第四部 地学エッセイ
西表海底火山と琉球海底火山帯/しんかい二〇〇〇で潜る/“風来坊”海をプカプカ/沖縄トラフの北方延長/硫黄鳥島の自然/硫黄鳥島の火山活動
あとがき

●著者プロフィール
加藤祐三(カトウユウゾウ)
1939年東京都に生まれる。1968年東北大学理学研究科博士課程修了。理学博士。現在琉球大学理学部海洋学科教授。日本学術会議鉱物学研究連絡委員会委員。
主な著書『奄美沖縄岩石鉱物図鑑』(新星図書)、『ニライカナイの島じま―沖縄の自然はいま』(築地書館)

● 1995年8月15日発行
938_2

沖縄でも地震は起きる   
加藤祐三著
四六判  189頁
1,456円+税
4-938923-38-6   

タグ

投稿日
1995年8月15日
カテゴリ
実用
NEWS お知らせ
2018年11月12日
【お詫び】 現在、一部の商品で、ご注文カートが使用できません。カートが使用できない商品については お電話(098-835-2777)にて承ります
2018年10月11日
新城和博トークイベント「ゆんたくしよう!沖縄のあの頃と今」 11月23日(金・祝)15時~ くじらブックス&Zou Cafeにて 参加費:500円+ドリンクオーダー