ほんとーく

2012年11月29日

本は寝ころがって

皆さんは本をどんな風に読んでいるだろうか。

 

 

若かりし頃、僕はどこでも読めた気がする。また結構どんな姿勢でも読んでいた。
でも一番多い姿勢は家で寝転がって読む、だった。
確か小林信彦の本で『本は寝ころんで』というタイトルの本があったが、まさにそれである。どんな傑作も難しい本も、基本は寝っ転がって読むものだった。

 

 

 

ところが歳とってくると、寝転がって読む、ということが難しくなってきた。
いやもちろん読むのだけど、長時間読めないのである。
眠る前に読み始めて、あまりのおもしろさに夜を徹してしまった、なんてことがあったのに、今は首が肩が腕がよく分からない場所が痛くなる。寄る年波か、長年の姿勢の悪さの蓄積か。
さらに最近は、すぐ寝てしまう。
今、金城芳子著『なはをんな一代記 』(沖縄タイムス選書の方)を、就寝前に読んでいるのだが、波瀾万丈な人生をきっと送るであろう芳子さんは、まだ戦前の那覇から一歩も出ていない。
僕がすぐに眠りに落ちてしまうからだ。
落ちる、とはよく言ったものだ。手から本が滑り落ちて、はっとする日々が続いている。

 

 

40代後半になってからの現象だが、本を読む場所に難儀するようになった。
自宅で読むと先のような事態になるので、外で読みたいのだが、なかなかしっくりとくる場所は少ない。あちこち移動しながらの読書が続いている。生きづらい時代だ。
一番の望みは、ブック・バー、もしくは、本の居酒屋である。もちろん個人的にはやっているのであるが、夜の店でそれらは少数派である。店全体がみんな読書している、という店が一件くらいあるといいなと思って、最近夜な夜な歩き回っているのだが、なかなかそうそう、うまくはいかない。

 

 

今日も家に帰ると芳子が待っている。
今夜こそは……と思うのだが。

 

 

※ちなみに『なはをんな一代記』はとってもよく出来ている本です。タイムス選書ってすげーなーとこの歳になってわかりました。歳をとるのも悪くはないなと思う……こともある年の暮れである。

 

 

 

新城ヘーイ和博(ボーダーインク)
たまには宣伝してみよう、『うっちん党宣言』ほか。

NEWS お知らせ
2018年11月12日
【お詫び】 現在、一部の商品で、ご注文カートが使用できません。カートが使用できない商品については お電話(098-835-2777)にて承ります
2018年10月11日
新城和博トークイベント「ゆんたくしよう!沖縄のあの頃と今」 11月23日(金・祝)15時~ くじらブックス&Zou Cafeにて 参加費:500円+ドリンクオーダー