沖縄の霊職者・シャーマンであるユタをスピリチュアルケアの観点から探る新しい論考。

 

 

沖縄にとってユタとはどういう存在か、そしてスピリチュアルケアとは。哲学、医学、宗教、民俗などの多角的な視点から、スピリチュアルケアとユタとの関係を捉える。

 

●目次

第一部 ユタをめぐる沖縄の民間信仰
 第1章 ユタとその世界 
 第2章 ユタと沖縄の民間信仰のことば
 第3章 ユタと仏教 ―ユタから見た仏教、仏教から見たユタ  
第二部 ユタとスピリチュアルケア
 第4章 ユタをめぐるスピリチュアルケア
 第5章 ホスピス・緩和ケアとスピリチュアルケア
  補遺1 生きる意味を見つける方法、創り出す方法
  補遺2 琉球における守護神信仰の歴史的変遷
  補遺3 本土における守り本尊信仰
 ■コラム

●編著プロフィール
浜崎 盛康〈ハマサキモリヤス〉  
1953年沖縄県生まれ。1977年早稲田大学第一文学部卒業。1984年早稲田大学文学研究科哲学専攻博士課程(後期)修了。現在琉球大学法文学部教授。著書・論文は『死と哲学の知』(ナカニシヤ出版)、『ホスピス講座』(共著、新星出版)、「サンパウロ市における沖縄県系人の四 十九日のミサ」(移民研究)、「沖縄におけるグリーフケアとしてのヌジファについて」(人間科学)等。
執筆者 宮城 航一  安次嶺 勲  プロハスカ・イザベル

●2011年7月4日発行
8210_2

ユタとスピリチュアルケア   沖縄の民間信仰とスピリチュアルな現実をめぐって
浜崎盛康編著
四六判  234頁
1,800円+税
978-4-89982-210-3

タグ

投稿日
2011年7月4日
カテゴリ
民俗・文化
NEWS お知らせ
2018年11月12日
【お詫び】 現在、一部の商品で、ご注文カートが使用できません。カートが使用できない商品については お電話(098-835-2777)にて承ります
2018年10月11日
新城和博トークイベント「ゆんたくしよう!沖縄のあの頃と今」 11月23日(金・祝)15時~ くじらブックス&Zou Cafeにて 参加費:500円+ドリンクオーダー