琉球の歴史は、知れば知るほど、ぞくぞく面白い! 

 

琉球人にひどいめにあわされた薩摩役人がいた!? 首里城から王様のウンコ発見!? 琉球レキジョ(歴女)とレキオ(歴男)に大人気シリーズ、待望の最新刊。一話完結のコラムで、ゾクゾクする新たな歴史事実をご紹介。まだ教科書や概説書、研究論文にも発表されていない最新の研究も簡単に知ることができる、一粒で二度美味しい内容。今回は、特別オマケとして、100年前のウチナーンチュ(沖縄人)の超リアルな爆笑・珍座談会も収録。

 

●目次

図解! すぐわかる沖縄の歴史 
【スクープ! 謎の「グスク」を大発見】
【不思議! 古琉球の世界】喜界島の不思議な墓/貝塚時代は遅れた社会?/カタツムリと虫の食べ方/本当だった? 泉の伝説/察度王の肖像画 など
【秘史! 島津侵攻の裏話】島津軍の琉球侵攻とは/薩摩の尚寧、東に祈る/琉球に贈られた狩野派の屏風/死刑になった名護親方/おかゆを流したのはなぜ など 
【驚き! 近世琉球の世界】ターバンが冠に変わる時/儀間真常と袋中上人/海峡だった久茂地川/伝説の王は実在したのか/天皇と琉球/赤瓦の生まれたワケ など
【つぶやき! 琉球史あれこれ】鹿児島の古琉球漆器/護佐丸が来るぞ/海からのぞむ琉球史/イッキの時代/レトロに浸る/我が物としての利用/神は細部に宿る など          
【おまけ! 大正時代・沖縄の珍座談会】  大正時代の沖縄とは 大正時代・沖縄の珍座談会◇偕楽軒夜話(上・中・下)/ある紳士連の会合◇100年前のグウタラ対談

●著者プロフィール
上里隆史(ウエザトタカシ)
1976年生まれ。琉球大学法文学部(琉球史専攻)卒業。早稲田大学大学院文学研究科修士課程修了。現在、早稲田大学琉球・沖縄研究所客員研究員など。『目からウロコの琉球・沖縄史』(ボーダーインク07)、『誰も見たことのない琉球』(ボーダーインク、08)、『琉日戦争一六〇九 島津氏の琉球侵攻』(ボーダーインク、09)、「古琉球・那覇の「倭人」居留地と環シナ海世界」(『史学雑誌』114編7号、05)、「琉球王国の形成と展開」(『海域アジア史研究入門』岩波書店、08)、「琉球の大交易時代」(荒野泰典・石井正敏・村井章介編『日本の対外関係4 倭寇と「日本国王」』吉川弘文館、10)ほか多数。

●2010年10月発行
8190_1

ぞくぞく! 目からウロコの琉球・沖縄史
上里隆史著
四六判  214頁
1,600円+税
978-4-89982-190-8

タグ

投稿日
2010年3月4日
カテゴリ
歴史・地理
NEWS お知らせ
2018年11月12日
【お詫び】 現在、一部の商品で、ご注文カートが使用できません。カートが使用できない商品については お電話(098-835-2777)にて承ります
2018年10月11日
新城和博トークイベント「ゆんたくしよう!沖縄のあの頃と今」 11月23日(金・祝)15時~ くじらブックス&Zou Cafeにて 参加費:500円+ドリンクオーダー