話題沸騰、沖縄発の『琉球怪談』待望の第二弾! 心の底から響く実話怪談百話の饗宴!

 

「あの橋のむこうに……さらなる沖縄の怪異が潜んでいる」沖縄の風土と歴史に根ざした、現代の実話怪談の神髄がここに登場。沖縄と、全ての内地人を戦慄せしめよ!  さてこれより皆様にご披露するあやかしは、沖縄にまつわる人々が実際体験した、摩訶不思議なのみを収めた現代の百物語、〈琉球怪談〉と申します。   沖縄は、琉球の世とされるからニライカナイの神々をい祖霊神にかれ、独特の世界観、宗教観が混在してきた場所であります。この島々にれるあやかしは「ムン」と呼ばれ、それは定義できない暗黒の存在であり、全てのものの根源でもあります。「ムン」はその姿を様々にして、私たちの世界に侵入してきます。「ムン」は時として人々に襲いかかり、死者の姿になって現れ、サトウキビ畑の向こうから生者に対して手を振るのです。

 

●目次

前口上
一つ目の橋 沖縄各地の怪
二つ目の橋 奇っ怪な噺   
三つ目の橋 恐るべきパニック
四つ目の橋 屋敷に宿りしムン
五つ目の橋 死者からのメッセージ
六つ目の橋 妖しげなイチムン
七つ目の橋 沖縄戦の怪異
後口上          

●著者プロフィール
小原猛(コハラタケシ)
昭和43年京都生まれ。フリーカメラマン/フリーライター。及び古本屋「ダムダムブックス」として活動中。沖縄の怪談実話を集めた『琉球怪談 闇と癒しの百物語』(ボーダーインク)でデビュー。現在、琉球新報の小中学生新聞『りゅうPON!』にて「琉球怪談百物語・ほんとうにあった怖い話」を連載中。得意フィールドは怪談・妖怪・ウタキなど。

●2012年1月発行
8217_1

七つ橋を渡って  琉球怪談 闇と癒しの百物語
小原猛 著
四六判  296頁
1,500円+税
978-4-89982-217-2

タグ

投稿日
2013年4月19日
カテゴリ
文芸
NEWS お知らせ
2018年11月12日
【お詫び】 現在、一部の商品で、ご注文カートが使用できません。カートが使用できない商品については お電話(098-835-2777)にて承ります
2018年10月11日
新城和博トークイベント「ゆんたくしよう!沖縄のあの頃と今」 11月23日(金・祝)15時~ くじらブックス&Zou Cafeにて 参加費:500円+ドリンクオーダー