話題のミュージシャン・下地勇、宮古島での少年時代から最新アルバムまでを語る

下地勇/心のうた

宮古島での少年時代の思い出。衝撃デビューから最新アルバムまで、全てを語るロング・インタビュー。さらに大好評!下地勇的エッセイ傑作選。デビューからこれまでのライブやオフ・ステージ、レコーディングなど、秘蔵写真満載。ファン待望の一冊である。

インタビュアーは、長嶺陽子、写真提供は垂見健吾。

●目次

第一章 ひとり語りの少年時代
第二章 シンガー・ソング・チャレンジャーの軌跡
    全アルバム・インタビュー
第三章 それぞれの「あの夏の日」
    下地勇エッセイ抄

「原点」
ひとり立ちして、しばらくぶりに故郷に帰ったとき、幼い頃よじ登った塀がやけに低く見えた。「こんなに低い壁をおいらは必至に登っていたのかなぁ」大人になって背が伸びたからだろうか。いや、ただそれだけじゃない気がするなぁ。大人になると同時に、何か自分が高いところに来てしまって、上からものを見るようになってしまっていないかな。

 せめて失わずにいたいもの。
 それは原点に立ち返ろうとする、今のこの気持ちかな。

●著者プロフィール
下地勇(シモジイサム)
1969年生まれ。沖縄県宮古島久松出身。ふるさとの言葉ミャークフツを駆使してジャンルを超えた音楽性でオリジナル楽曲を歌い、音楽シーンに衝撃を与える。アルバム多数。本書は初の語りおろし。

●2006年1月30日発行
下地勇/心のうた

下地勇/心のうた  オール・ミャークフツ・シンガーの原点
「下地勇/心のうた」どぅすがぱなの会編
A5判  197頁
1,600円+税
4-89982-103-4

タグ

投稿日
2006年1月30日
カテゴリ
コラム・エッセイ
NEWS お知らせ
2018年11月12日
【お詫び】 現在、一部の商品で、ご注文カートが使用できません。カートが使用できない商品については お電話(098-835-2777)にて承ります
2018年10月11日
新城和博トークイベント「ゆんたくしよう!沖縄のあの頃と今」 11月23日(金・祝)15時~ くじらブックス&Zou Cafeにて 参加費:500円+ドリンクオーダー