旅のなかでよみがえる愛しい人たちの記憶
ノンフィクション作家の珠玉のエッセイ

お待たせしました。発売中!

帰る家はないけれど、

これから旅する場所はいくらでもある

海風が吹いても消えない足跡が

遠くまでづいているはずだ

 

『首里城への坂道』『美麗島まで』のノンフィクション作家が紡ぐエッセイ集

沖縄、台湾、韓国、日本、欧米………

歩き、出会い、見つめる

旅のなかでよみがえる愛しい人たちの記憶。

 

ノンフィクション作家として、自分自身のルーツでもある沖縄の近・現代史を描き、また国内外の様々な旅を続けるなかで出会ったひと、歴史、友人たちの思い出と忘れてはいけない歴史の記憶を拾い集めてきた著者が、個人史として、ルポルタージュとして、そしてなにより楽しい旅の日々としてまとめた珠玉のエッセイ集です。ボーダーインクから与那原恵の単行本を刊行するのは初めて! ぜひ手にとってください。

●目次

第一章 帰る家もなく  
    スリーイー 
    那覇バスターミナルにて
    「おもろ」の匂い

第二章 時の散歩道
    江戸の琉球ブーム 
    わが祖先の苦悩
    柳宗悦と沖縄
    山口泉という人
    池袋モンパルナス
 
第三章 旅の向こうに
    台湾、記憶の島で
    成功鎮の風に吹かれて
    森外の遺品を守った台湾人医師
    歌え、台湾! 「NHKのど自慢」がやってきた
    ペク・ヨンスに会いにいく
    福島の天の川
    図書館は誰のものか

第四章 家出の自由
    井田真木子さん/おいしいロンドン
    すてきな浪曲/作家滞在制度
    イ・ジュンソプの妻/済州島から琉球へ
    アーニー・パイル/馬橋盆踊り
    横浜寿町フリーコンサート/哲学堂へエスケープ
    祖母たちの声/旅するサモワール
    てぃびち礼賛/オキーフのキッチン
    戦後の影/ワインと赤星家の物語
    ゆずられる着物/わが洞窟暮らし
    おしげさん/家出の自由
    怪人・種村季弘さん/海の地名 渡名喜島
    沖縄工芸の父娘/旅の相棒
    炭火トースト/白い家 

あとがき
初出一覧


【帯より】
たぶんほとんどの人生は、忘れ去られる。たとえそれが家族の思い出であっても。そして夜空に拡がる星々のように、誰かが見上げてくれるそのときまで沈黙している。 旅する人は、その声をきっと拾い集めることができるのだろう。
そんなことを考えているうちに、この本ができた。与那原恵のごく私的な旅の記憶と、とても大切な歴史の断片を切り取ったエッセイ、ノンフィクションたちは、彼女の旅するときの高揚感、出会いと別れの切なさが詰まっている。(ボーダーインク 新城和博)


●著者プロフィール
与那原恵(よなはら・けい)
ノンフィクション作家。1958年東京都生まれ。
著書に『美麗島まで』『サウス・トゥ・サウス』『わたぶんぶん わたしの「料理沖縄物語」』など。『首里城への坂道 鎌倉芳太郎と近代沖縄の群像』で第2回河合隼雄学芸賞と第14回石橋湛山記念早稲田ジャーナリズム大賞を受賞。

●発行2018年3月30日
89982-340-s

帰る家もなく
与那原恵
四六判ソフトカバー  324頁
定価(本体1800円+税)
ISBN978-4-89982-340-7
投稿日
2018年4月5日
カテゴリ
コラム・エッセイ
NEWS お知らせ
2018年10月11日
LIVE 本屋な日々 沖縄編 10月27日(土)15時~ ジュンク堂書店那覇店 地下1階 出演:石橋毅史・伊達雅彦 聞き手:新城和博
2018年10月11日
よなばる駅舎ブックカフェ 10月28日(日)12時~18時 軽便与那原駅舎展示資料館にて 軽便与那原駅舎に1日限定のブックカフェがOPEN!ボーダーインクも出店!