悠久なるうちなーぐち。
珠玉の琉歌の数々を、徒然なるままに

 

 

RBCiラジオの名物番組「民謡で今日拝なびら」で紹介された珠玉の琉歌の数々を、徒然なるままに……。

「琉歌」とは、沖縄独自の短歌。八八八六音となっている。 その琉歌がもっと身近になる、待望の一冊。

島うたキャスター、島うた作詞家で有名な上原直彦の名調子を味わいください。琉球放送創立60年記念して新書化。

 

 

●目次

沖縄人の情緒を共有したい 琉歌百景 

[春のはじめに編]
[歌さんしん編]
[分句編]      
[掛き歌編]  
[遊女編]  
[御前風五節編] 
[昔節五節偏]  
[大昔節五節編]
[二揚五節編] 
[箏曲歌物三節編] 
[歌三線研究要領編]
[畳語~重ね言葉編] 
[おきなわ文学賞編]
[千鳥編] 
[共白髪節編]
[終章=立雲節]

●著者プロフィール
上原直彦(ウエハラナオヒコ)
1938年那覇市垣花生まれ。琉球新報社記者を経て琉球放送入社。役員待遇ラジオ局長を務め、平成十年退職。現在プロデューサーおよびキャスターとして、ラジオ番組「民謡で今日拝なびら」(1961年スタート)「ふるさとの古典」などをレギュラーで担当。島うたの作詞家、郷土劇の脚本家として長年にわたり活動を続けている。

●2014年12月発行
8266-t

『琉歌百景 綾なす言葉たち』
上原直彦著
新書判  176頁
定価(本体1,000円+税)
ISBN978-4-89982-266-0
投稿日
2014年12月3日
カテゴリ
新書・シリーズ
NEWS お知らせ
2018年11月12日
【お詫び】 現在、一部の商品で、ご注文カートが使用できません。カートが使用できない商品については お電話(098-835-2777)にて承ります
2018年10月11日
新城和博トークイベント「ゆんたくしよう!沖縄のあの頃と今」 11月23日(金・祝)15時~ くじらブックス&Zou Cafeにて 参加費:500円+ドリンクオーダー