この一冊で「ウグヮン」など暮らしの中の民間信仰語1290語がわかる

普段何気なく使っている「マブイグミ」や「ヒヌカン」「トートーメー」などの御願(ウグヮン)ことばの一つひとつについて、語源や由来、用例や御願の仕方まで詳しく解説。索引付き。

●目次

序(外間守善)
まえがき/凡例
第一章 神仏と悪霊 
一、神・祖先・精仏 /二、悪霊・火の玉
第二章 聖所と墓
一、聖所 /二、墓
第三章 加護と霊障
一、加護 /二、霊障・災い
第四章 運勢・予兆
一、運勢  /二、予兆・厄
第五章 禁忌
一、神仏の放置 /二、神仏の苦悩 /三、神仏の混同 /四、その他の禁忌
第六章 諭しと占い
一、神仏の諭し /二、占い
第七章 聖職者と衆生
一、聖職者 /二、衆生
第八章 信仰と御願
一、信仰 /二、御願
第九章 魔除け・まじない言葉
一、魔除け /二、まじない言葉
エッセイ/引用・参考文献 /語彙索引

●著者プロフィール
高橋恵子(タカハシケイコ)
1946(昭和21)年3月、本部町に生まれる。
1971(昭和46)年3月、国際大学文学部国文学科卒業。小、中、高等学校の図書館司書を経て、現在、塾講師。沖縄文化協会会員、沖縄学研究所所員。
著書に『沖縄の御願~神グチ・民間信仰語をかがる~』(ひるぎ社、1988)、『暮らしの中の御願』(ボーダーインク、2003)論文に「沖縄の民間信仰語」(『沖縄文化』第19巻2号)がある。
1988年、沖縄文化協会賞(金城朝永賞)、沖縄タイムス出版文化賞受賞。


●1998年1月20日発行
958_1

沖縄の御願ことば辞典
高橋恵子著
四六判上製本  368頁
3600円+税
4-938923-58-0 

タグ

投稿日
1998年1月20日
カテゴリ
沖縄の信仰・御願
NEWS お知らせ
2018年11月12日
【お詫び】 現在、一部の商品で、ご注文カートが使用できません。カートが使用できない商品については お電話(098-835-2777)にて承ります
2018年10月11日
新城和博トークイベント「ゆんたくしよう!沖縄のあの頃と今」 11月23日(金・祝)15時~ くじらブックス&Zou Cafeにて 参加費:500円+ドリンクオーダー