社内日報

2016年06月01日

重版出来!

0601
池澤夏樹著『沖縄への短い帰還』重版出来となりました。
県外からもご注文たくさんいただきました。
ありがとうございます。
池澤さんのポテンシャル高いです。
沖縄県産本だから手に入らないではなく
県内でも県外も多くの人に読んで欲しいです。
重版は紙の取り寄せなどである程度時間がかかりますが、
なるべく品切れにならないようにしたいです。
来週10日、11日には池澤氏によるイベントもあります。
☆ジュンク堂書店那覇店にて6月11日(土)15:00~
発売記念・池澤夏樹さんトーク&サイン会(参加無料)      
☆Book cafe bookishにて6月⒑日(金)PM7:00~
【Bookishでブッキッシュな話をしよう!】
料金:¥1000(1ドリンク付き)定員:25名
 

そして「重版出来!」と言えば今話題のTVドラマ
昨日の回では書店業界や出版業界の不況の話
閉店する町の書店の話には胸が締め付けられました
でも「前はなくても 前を向いて歩く」by宮城
と社長も先日の会議で言ってました。

2016年05月31日

三時チャーのおとも

よし子さんが「三時チャーまで待てない!」といいつつ
今日の三時は茨城のIさんからのメロンをいただく
0531t
(ちなみにQABの「十時茶まで待てない!」は録画してみてます)
甘くておいしいメロンを贅沢にいただきました!
そしてメロンの後には北海道ほっけの薫製
これは昨日来社した北海道の出版社あざらしさんのお土産
今度双葉文庫から『函館本線へなちょこ旅2』が発売
6月18日は函館蔦屋書店にてミニミニトークショー&サイン会があるそうです。
ちらしをもらってのなかなかいけないのでここでお知らせ
 
写真 3
先週金曜日の『琉球新報』「りゅうちゃんクラブ」おでかけ通信に
「沖縄語るトークライブ盛況」「那覇の街での青春振り返る」
「やさしい気持ちで沖縄」でのトークライブの様子が紹介されてます。
次回6月9日「沖縄のしきたりはおもしろい」の予告も
あっ、日曜日のリブロの広告に『沖縄への短い帰還』が掲載されてました
ありがとうございました。

2016年05月30日

毎日新聞「今週の本棚」

0530
まだ現物は見ていないのですが
昨日5月29日(日)の『毎日新聞』の今週の本棚に
ボーダーインクの新城和博、仙台の出版社荒蝦夷の土方正志氏
里山資本主義の提唱者藻谷浩介氏による「鼎談」
「地方の視点から考える」が掲載されているそうです。
沖縄では全国紙を手にする機会が少ないのです。
図書館には確か西日本版が入っていると思います。
しかも半日遅れです。
ということで写真はメールで送られたデータをプリントアウトしたもの
ところどころつぎはぎになっています。
おかげさまで新城著の『ぼくの沖縄〈復帰後〉史』
ぼちぼち動いています。
なんと挿し絵は和田誠氏
新城が真ん中で首里城を背負って座っています。
和田氏に描いてもらえるなんてうらやましい。
「地域」とは「地方」とはを考えさせれる内容です。

2016年05月27日

沖縄のしきたりはおもしろい!

0527
毎日暑すぎて「もう梅雨はあけたんじゃないか」
というささやきが聞かれる今日この頃
旧暦ではまだ4月21日
ハーリー鉦がなるのも、もう少し先のようです。

毎月一回開催しています「ほんのきもちでトークライブ」
6月は9日、木曜日です。
今回の出演者は『沖縄しきたり歳時記』著者・稲福政斉氏
知っているようで知らない沖縄のしきたりにまつわる
いろいろ話をトークの達人がおくります。
場所はブックカフェ「やさしい気持ちで沖縄」
1,500円+ワンドリンクオーダー
限定15名様ですのでメールやお電話でご予約下さい。
 

編集Iが図書館の児童書コーナーから借りてきた
『本のことが分かる本3 本が読者にとどくまで』という本
「出版社の仕事」や「本が読者にとどくまで」の話が載っているのですが
その数字や例のあまりのリアルさにびっくり。
いやぁ、勉強になりました。

2016年05月26日

県内書店で発売中

0526
昨日5月25日の『琉球新報』8割り広告に
新刊『沖縄への短い帰還』池澤夏樹著
が掲載されました。
そして同日県内書店への一斉配本
是非、書店で手にとってみて下さい。
ボーダーインクでは数少ない上製本で
手触りもいい上品な一冊です。
県外書店でも並び始めていると思います。

 

それにしても梅雨のわりには雨が少ないような。
そしてホウオウボク」のオレンジの花が目につくこの頃
通常、梅雨明け頃から咲き出すような気がするのですが、
いろいろ季節は複雑です。

2016年05月24日

明日から配本 

0524

明日25日から池澤夏樹著『沖縄への短い帰還』発売開始です。

県産本はだいたい県内が先に発売開始なのですが

今回はほぼ同時期発売です。

県外からの本や雑誌は遅れるのが通常だから

同時発売っていうのは珍しいと思います。

他の出版物も沖縄に先に送って同時発売だったらいいのに

子どもの頃、週刊誌の懸賞の締め切りに間に合わなくて

悲しい思いをしたっけ。。。

時は流れてもこの距離は変わらないかもしれません。

 

やまのはとしこ著『尚円王は松金、妻はカマル』

同時配本です。

こちらは琉球国王尚円王とその妻をめぐる物語

不思議な世界が展開されています。

2016年05月20日

岡山県産本

0520p
岡山には岡山県産本ネットワークがあるって知ってますか?
その岡山で現在「おかやま地産知書フェア」という
いやゆる県産本フェアを開催中です。
丸善岡山にて5月10日から7月10日まで
そこにゲストでボーダーインクの本も並べてもらっています
岡山でこんな並べてもらったことないと思います
多くの方の目にふれ、手にとっていただければうれしいです。
お近くの方、あるいは岡山に行く方是非のぞいてみて下さい。
もちろん岡山県産本がたくさん並んでいるはずです。

そして6月11日にはミニシンポジウム岡山ー沖縄
「地域出版とまちづくり」が開催
岡山の出版社吉備人出版の山川隆之氏
岡山在住で『沖縄劇映画大全』の著者世良利和氏
そしてなんとわがボーダーインク編集キナが登壇します。
2時から3時半、岡山シンホニービル1階 ガレリアにて

2016年05月19日

宮脇おきなわ本フェア開催中

0519
前にお知らせしましたが
県内宮脇書店20店舗で「おきなわ本フェア」開催中。
それぞれの店舗でそれぞれのスペースに併せて
デコレーションされています。
書店営業Kが営業傍らそれぞれの写真を撮ってきてくれました。
手作り感があったり、並べ方が変わってたり
お近くの宮脇書店に行った際は探してみて下さい。
ボーダーインクの本も24点選書されています。

 

池澤夏樹新刊『沖縄への短い帰還』が少しずつ納品中
来週いよいよ発売開始です。
せっせと県外への集荷の準備中。
もうしばらくお待ち下さい。
通販での予約受付け中です。

2016年05月16日

池澤夏樹新刊もうすぐ

0516
本日沖縄地方梅雨入りしました
そしてしとしと降っています
まぎれもない梅雨です。
先日より予約も始まっています池澤夏樹氏の新刊
『沖縄への短い帰還』5月末発売です
『沖縄式風力発言』以来、久々の県産本。
なんと19年ぶりだそうです。
1994年から2004年まで沖縄で暮らしていた池澤氏の
沖縄をめぐるエッセイ、書評、インタビュー、講演、掌編小説を収録
ボーダーインクのサイトからはもちろん
アマゾンや池澤夏樹公式サイトCafe impalaでも予約受付け中。
そして出版記念イベントも開催予定です。
☆ジュンク堂書店那覇店にて6月11日(土)15:00~
発売記念・池澤夏樹さんトーク&サイン会(参加無料)      
☆Book cafe bookishにて6月⒑日(金)PM7:00~
【Bookishでブッキッシュな話をしよう!】
料金:¥1000(1ドリンク付き)定員:25名

NEWS お知らせ
2018年11月12日
【お詫び】 現在、一部の商品で、ご注文カートが使用できません。カートが使用できない商品については お電話(098-835-2777)にて承ります
2018年10月11日
新城和博トークイベント「ゆんたくしよう!沖縄のあの頃と今」 11月23日(金・祝)15時~ くじらブックス&Zou Cafeにて 参加費:500円+ドリンクオーダー