「おじゃりやれ! うふあがり島」
意外に知られていない北大東の文化が面白い

283-7m
北大東島は沖縄本島から360キロも離れた最東端の島
100年余前に八丈島の人によって開拓された島
その独特の文化と自然を紹介した「北大東の景観』展
(2015年8月/沖縄県立博物館・美術館)の図録
沖縄の中でも特異な文化と自然を持つこの島を
貴重な写真や図でその魅力を紹介
北大東にはかつてリン鉱石の鉱山があり栄えた島
その遺跡は今でも島に残っています。
そのリン鉱採掘の産業遺構やかつての風景写真など
貴重な資料が満載です。
『うふあがりじま絵本 健太とおんな天狗』と併せて読むと
北大東がぐっと身近な島になります。

●目次

「北大東の景観」展 開催のごあいさつ  北大東村長 宮城光正 
「北大東の景観」展 開催の経緯   中部大学教授/北大東村政策参与 服部敦
北大東島の招待
 自然
 生業
 文化・習俗
 寄稿/大東諸島の歴史的遺構  琉球大学名誉教授・琉球史 高良倉吉

燐鉱産業遺構群の保全・再生・活用
Ⅰ、いまにのこる産業遺構群
 1.燐鉱採掘の産業遺構
 2.国登録文化財の産業遺構群
 3.未登録の文化財がつくる風景
 4.森に覆われた燐鉱採掘場の跡

Ⅱ.燐鉱最盛期の島の風景
 1.燐鉱の採掘・生産・運搬
 2.燐鉱時代の島の暮らし
 3.山成不二麿所長の絵画帖
 4.港地区の変遷
 5.ラサ島と燐鉱採掘

Ⅲ.文化財・景観・しまづくり
 1.失われてゆく産業遺構
 2.北大東島出張所遺構の再生プロジェクト
 3.北大東村の景観形成の取り組み
 寄稿/遠景のない絶対風景 東京大学教授 西村幸夫

企画・構成・文
服部敦 中部大学教授・北大東村政策参与
制作協力/株式会社国建

●2015年8月発行 
283-7

『「北大東の景観」展・図録』
沖縄県 北大東村
AB横判  44ページ
1,080円(税込)
978-4-89982-283-7

タグ

投稿日
2015年9月16日
カテゴリ
沖縄の島々
NEWS お知らせ
2018年01月10日
第1回ジュンク堂新春古書展「旅する小書店 トークイベント」宮里綾羽×山田紗衣 2018年1月27日(土)15:00~ ジュンク堂那覇店
2018年01月10日
下北沢の本屋B&Bで『本日の栄町市場と、旅する小書店』刊行記念、宮里綾羽×大竹昭子トークイベント開催。 日時2/3(土)15〜17時、料金1500円+1D500円。 詳細はB&Bサイト→http://bookandbeer.com/ 東京近郊の方はぜひどうぞ〜。