2014年02月26日

よしこさんは、すごい。【第四回】

 

大好評連載「よしこさんは、すごい。」

 

●第一回はこちらから。

●第二回はこちらから。

●第三回はこちらから。

 
「よしこさんのことを家族は完全にあきらめているよ。ふふふ。」

 

第一回で、よしこさんはこんなことを言っていました。

 

ということで、

第四回は「番外編」として、

ご家族が写真集をどう思っているか、聞いてみました。

 

 

 

 

■□第四回「でもさぁ、これなんかちょっといいんじゃない。」

 

よしこさんの長女・サツキさんは保険の営業ウーマン。

ボーダーインクとは昔々から、公私ともにおつきあいがあります。

 

 

「日頃お世話になってるからさぁ、今からおやつ持っていくね。待っといてよ〜」

 

 

ということで、ある昼下がり、

クロワッサンを手みやげにサツキさんが事務所にやってきました。

 

※写真はイメージです。

 

 

「よしこさんの作品集? 前にもらったような気がするけど、どこ行ったかなぁ」

 

サツキさんはご自身のお母さんを「よしこさん」と呼びます。

 

話題の写真集をじっくり見てもらいました。

 

 

「へぇ〜こんな写真撮ってるんだねぇ。

よくわからないけど。

これって、いいものなの?」

 

はい、すごくいいですよ。

 

 

ペラペラペラペラ……

ページをめくるのが早いです。

 

もうちょっと、ゆっくり見てくださいね。

「よしこさんは、すごい。」んですから。

 

 

「へぇ〜やっぱり家族よりも会社の人の方が優しいさ。

私なんか『何かやってるねぇ』くらいしか思わんよ。

 

 

……あい? でもさぁ、これなんかちょっといいんじゃない」

 

『graffiti in my heart 2』p19

 

「よしこさんが撮ったの? とっても綺麗に並んでるけど。

これって……やらせじゃないの?」

 

生き物ですから、やらせは無理ですよ、サツキさん。

 

『graffiti in my heart 2』p18

 

 

「それで、こっちも猫にしたっていうわけね。

ふぅん。

わるくないんじゃないの〜」

 

 

「あ、これはいつもの光景だねぇ。こんなふうに写真になるんだね。へぇぇ」

 

『graffiti in my heart 2』p14、15

 

 

「それでさぁ、聞いて!

 

前によしこさんと待ち合わせしたんだけど、

ぜんぜん来ないわけ。

待っても待っても。

 

電話してみたら、なんて言ったと思う?

 

『シャッターチャンスがあったから遅くなるねぇ』って。

 

人を3時間も待たしてからよぉ〜」

 

 

『graffiti in my heart 2』p51

 

 

「でも最近は、

よしこさんがこんなして言っても

 

『あ〜はいはい、じゃあ3時間後ね』ってなる。

 

人間って慣れてくるねぇ。うっふふふ」

 

 

『graffiti in my heart』p45

 

 

「これはうちのお盆の時だはず。

家族もたくさん撮っているんだねぇ」

 

 

あい、こんな時間になってる!

仕事の邪魔してごめんねぇ。

これからもあの二人をよろしく〜」

 

 

こちらこそ、いつもありがとうございます。

また遊びに来てくださいね。

 

 

「おっけ〜! あ、よしこさんが帰ってきたらこの書類わたしておいてね」

 

わかりました〜。

サツキさん、ありがとうございました!

 

 

〈最終回につづきます!

 

 

 

NEWS お知らせ
2018年01月10日
第1回ジュンク堂新春古書展「旅する小書店 トークイベント」宮里綾羽×山田紗衣 2018年1月27日(土)15:00~ ジュンク堂那覇店
2018年01月10日
下北沢の本屋B&Bで『本日の栄町市場と、旅する小書店』刊行記念、宮里綾羽×大竹昭子トークイベント開催。 日時2/3(土)15〜17時、料金1500円+1D500円。 詳細はB&Bサイト→http://bookandbeer.com/ 東京近郊の方はぜひどうぞ〜。