2014年02月05日

よしこさんは、すごい。【第一回】

 

ボーダーインクの金庫番で、

日々、カメラに情熱を傾けるよしこさん。

写真集が三冊、世に出ています。

 

 

「写真のことは解説したらダメ。

見る人の気持ちに委ねなさいっていうけど、

そぉねぇ〜、じゃあ話してみるかねぇ」

 

 

■□第一回「私は、とことん、バック、バックな人間。」

 

『FLOWERS FALL FRUITS BECOME RIPE』p5

 

これはね、知り合いの明美ちゃんにお祝いあげたから、そのお返しでもらったランの花。

自分のおうちで咲かしきれるかねぇ、ランのつぼみが開くのかねぇって思ったけど、ちゃんと開いたよ。嬉しくて。

 

だけどうしろに洗濯バサミが写っていて邪魔だねぇって思っていたら、先生(よしこさんのカメラの師匠・Yさん)に「生活感があっていい」って言われて、ああそうかねぇって。

これも嬉しかった。

 

 

私はね、なぜか知らないけどソーメン(正面)より後ろ姿が好き!

 

『FLOWERS FALL FRUITS BECOME RIPE』p6、7

 

隣のトンボちゃんも、はずかしそうにしてるのがいいって感じで。

 

 

これは繁多川公園で撮った。ギョッとするねぇ!

クワの葉なんだけど、その隙間にどういうふうに卵を生んだのかねえって思って、

うっけーしげーしー、裏も表も見てね。

 

『FLOWERS FALL FRUITS BECOME RIPE』p9

 

どんなしても自分の棲み家を探すっていうこと、生きるっていうことの生命力。

だけど「気色わるぅ~」とは思うさぁね。ふふふ。

 

よしこさんがびっくりするのは、雑草と落書きと、あとチリ捨て。雑草なんかどんどん生えるでしょう、人間が刈っても刈っても、なーめーめーに。命ってすごいと思うさ~。

落書きする人も道にチリ捨てる人も、どんなにダメって言われても書くし、チリ捨てる人もどんなに言われても捨てる。自分で止められない。

あい、なんの話だったかねぇ~。

 

 

『FLOWERS FALL FRUITS BECOME RIPE』p25

 

これは、超かなしいおもいで。喜屋武岬に撮影に行ったとき、海の白波を撮るつもりが、近くに廃墟があって、入ってみたらそこにあった。なんで遺影がはん投げられているかねぇってさ。ウチャトウもしてありはするけど、かなしかった。だから撮った。

 

翌年も同じ場所に行ったけど、建物がなくなっているのか、見つけられなくてねぇ。さびしくて。

 

 

 

『FLOWERS FALL FRUITS BECOME RIPE』p32

 

この写真は、我が家の……今は亡き……みかんの木。フームシ(カミキリムシ)に食われてしまったさぁ。

 

写っているのは孫のめいが小学校4年の時。

木の前に立たせて長いことあれやこれやポーズ取らせていたら、あとはわじっていた(笑)。

 

『FLOWERS FALL FRUITS BECOME RIPE』p18

 

私は、とことん、バック、バックな人間。

このアヒルちゃんも、よくぞ私のために頑張って後ろ向きでいてくれたねって思う。

人間に慣れているのかねぇ。

 

家の近所にある金城ダムで撮った。

休みの日になったらひっちぃカメラもってあまはいくまはいしているから、

よしこさんのことを家族は完全にあきらめているよ。ふふふ。

 

〈第二回につづきます!

NEWS お知らせ
2018年01月10日
第1回ジュンク堂新春古書展「旅する小書店 トークイベント」宮里綾羽×山田紗衣 2018年1月27日(土)15:00~ ジュンク堂那覇店
2018年01月10日
下北沢の本屋B&Bで『本日の栄町市場と、旅する小書店』刊行記念、宮里綾羽×大竹昭子トークイベント開催。 日時2/3(土)15〜17時、料金1500円+1D500円。 詳細はB&Bサイト→http://bookandbeer.com/ 東京近郊の方はぜひどうぞ〜。