1. 『沖縄をアジアの緩衝地帯に』

    2017年08月01日 政治・経済

    「この提案集は、どうしても希望を捨てきれない私のささやかな挑戦です。 しかし、その挑戦に読者の皆さんが加われば世界を変える可能性もあるのです」   沖縄から国際社会、世界経済への提言集として、著者は沖縄の現状を踏まえつつ、大胆かつ豊・・・ 89982-323t

  2. 『私のアパート経営〈失敗〉物語』

    2016年09月13日 実用

        「大家さん大変です!」 家賃滞納、騒音、ゴミ処理問題…… 一本の電話から始まる、アパートをめぐるトラブル。 大家さんはどのように解決したのか? 「買ってはいけない物件」の章では、著者みずから体験した 「超激安物件」「最・・・ t308_7

  3. 『コザから吹く風』

    2013年12月20日 政治・経済

      沖縄の戦後史を駆け抜けた、政治家・中根章の半生を描いたノンフィクション作品。沖縄戦からアメリカ統治下、琉球政府時代、復帰後の沖縄県政時代と、昭和ヒトケタ激動の世代が語る、おきなわの熱き日々。笑いと闘いの沖縄現代史。 〈 中根章の話・・・ 8244_3

  1. 『沖縄から提唱する世界連邦政府』

    2011年10月04日 政治・経済

    過去の世界政府運動と西欧統合との関係に触れ地域統合理論を再検討した上で、一連の統合現象と各アプローチの関係を明らかにしながら、世界統合理論へと展開する。次に政治的エリートの意思と能力を培うため、既存の宗教に照らして、新たな世界的宗教の基盤的思想を・・・ 沖縄から提唱する世界連邦政府

  2. 『沖縄物産の展海』

    2010年03月10日 政治・経済

    国際的な存在であった中世・近代の琉球物産とブームを巻き起こした現代の沖縄物産、そのルーツと本質、メカニズムを説き明かし、新たなる物産の産業化と島々の都市化の可能性を探る。「物産で見ていくかぎり、琉球は日本の縮図に入らない」。   8178_2t

  3. 『普天間基地移設と尖閣海底資源』

    2007年04月20日 政治・経済

    「一兆円規模の国費を投入して建設される代換え施設は基地内建設ではなく、将来海兵隊が国外移転した跡は沖縄県の財産として民間が利用できる場所を作るべきだ。その意味では、場所は勝連沖人工島が最適である」著者独自の主張と尖閣海底資源を沖縄の財産である・・・ 普天間基地移設と尖閣海底資源

  1. 『尖閣海底資源は沖縄の財産』

    2005年04月20日 政治・経済

    いま何故尖閣諸島の海底資源が注目されるのか? 「尖閣諸島海底資源を巡る論考」「アジア・太平洋地域の安定を巡る論考」の2部に分けて、『沖縄タイムス』『琉球新報』の「論壇」掲載論文をまとめる。   尖閣海底資源は沖縄の財産

  2. 『沖縄の物産革命』

    2003年06月23日 政治・経済

                  今、沖縄の物産が次々と全国に広まっている。何故沖縄の物産が売れ出したのか。沖縄物産公社アンテナショップ「わした」の仕掛け人がそのヒミツを緻密にかつ大胆に解説していく。〈物産・・・ 沖縄の物産革命

  3. 『情報革命の時代と地域』

    2001年03月31日 政治・経済

    情報教育、電子工学、アジア経済論、情報管理、知能工学、電波管理行政、デジタルコンテンツ、地方財政論、マーケティング他 情報化の進展が地域社会や産業振興にどのように関連するのか。 okikokudai

NEWS お知らせ
2017年08月18日
沖縄県産本フェア リウボウブックセンターリブロ 期間:9月15日(金)~9月24日(日)
2017年07月18日
[出版に関するご相談] 企画出版、自費出版に関するご相談を常時、受け付けています。 企画、原稿の持ち込みなど、お気軽にご連絡ください 詳しくはコチラ