2012年12月12日

旧美人カレンダー

ニッコリ笑顔のキュートなこのお方。

どなたかと思いましたら、

同業者「東洋企画印刷」の専務・大城佐和子さん。

 

出版・印刷に関するベテランで、

先日放送の「ウチナー紀聞」では、その有能な仕事ぶりが紹介されました。

 

県産本ネットワークのみならず、印刷業務を通して、

ボーダーインクともおつきあいは深いです。

 

いつもにこやかで明るく、心優しい佐和子さん。

これからもよろしくお願いします!

2012年12月11日

旧美人カレンダー

ボーダーインクも加盟する「沖縄県産本ネットワーク」。

沖縄の出版関係者が集まって、月に1回、交流会をひらいています。

 

「県産本ネットワーク」の事務局長を務めるのが、沖縄タイムス社の友利さん。

本日のカレンダーボーイです。

 

現在は学芸部の辣腕記者としてご活躍ですが、

タイムスの出版部に長く在籍していらっしゃったこともあり、

ネットワークの頼れる長として君臨?し続けています。

 

ですが、夜の顔はちょっと違いますよフフフ。

2012年12月10日

[あたい]ソテツをみなおす

昨日12月9日、名護の名桜大学で「ソテツをみなおす」が開催された。
遠方にもかかわらず(那覇からみたらですが)多くの方が集まりました。

皆、ソテツに関心のある方で 質疑応答も盛り上がりました。
試食会ではソテツ味噌や奄美のナリミソ、ソテツ粥などいただきました。どれも素朴な味で、全然クセはなかったです。毒ぬきしたりして、この状態にするまでが大変ということかもしれません。以前は奄美や粟国島などソテツを常食としていたらしい。沖縄では救荒植物のイメージが強く、「ソテツ地獄」の言葉とつながらいやすいけど、日常的にソテツにお世話になった人がたくさんいるとのこと。
しかも園芸用にも重宝され輸出されたり、防風林や畑の境界線に植えられたり、畑の肥料となったり、運動会のアーチの飾りになったり、クスリになったり。燃料になったりといろんな事に利用されて来た人と近い植物だということがわかった。

私のソテツの思い出としては、小学校低学年の頃に宮崎のおみやけのソテツのキーホルダーをもらって、真似して作ろうとした事。
近くのソテツの実を取って来て、見よう見まねで作った。
赤い皮をはいで、実元をコンクリートにこすりつけて、穴をあけて中身を出した。
乾燥した殻にマジックで絵を描いた覚えがある。
今ではおみやげ品でもそんなの見た事ない。
そうそうソテツの葉をバラバラにしてネックレスを作ったりもした。
そんな風に誰でもソテツにまつわる思い出はないだろうか?

 

 

2012年12月10日

旧美人カレンダー

本日は、見目麗しい美魔女の登場!

 

京都から中川さんとそのお姉さん。仲の良い姉妹です。

 

中川さんは具志川市出身。結婚して京都に住んでいます。

通称「美咲のかあちゃん」。

 

そう、コアなボーダーインクファンならご存知であろう、

キュートな美咲ちゃんのお母さんであります。

 

沖縄に里帰りのついでにボーダーインクに寄ってくださいました。

 

NHK沖縄で放送中の「NHKが見た沖縄」シリーズに、

若かりし頃のかあちゃん、ご出演でした。

 

あの頃も今も変わらず、元気でかわいらしいかあちゃんであります。

2012年12月07日

旧美人カレンダー

今日はこんな怖い写真が撮れてしまいました……。

 

カレンダーボーイは、『琉球怪談』『七つ橋を渡って』著者の小原猛さん。

通称・TK。

 

よく見ると、小原さんの後ろからなんか怖いも●×☆※π!!!!

キャーーーー!

 

と、叫んだところで、金曜日。

きょうも一日がんばりましょう!

2012年12月06日

旧美人カレンダー

12月に入ってなんだか慌ただしくなってきましたね〜。

 

そんな時にひょっこりいらしたのが、でいご印刷の内海社長。

ボーダーインクの本、その他のアレコレの印刷を手がけていらっしゃいます。

 

いつでも忙しくしていますが、とっても元気な内海さん。

納品伝票を手にハイチーズ!

 

この元気さ、見習いたいものです!

2012年12月05日

[あたい]トックリキワタ

今年はトックリキワタの花が咲いていないと書いたけれど
与儀小学校の通りを走っていたらちらほら咲いている木があった。
それでも4、5本ところどころ寂しく咲いている感じ。
これでは狂い咲きにしか見えない。
もともとトックリキワタは木によって花が咲く時期が違うらしい。
同じ時期に咲くように街路樹に接ぎ木がされているのも見かけた。

実は県内のトックリキワタの親木で樹齢50年と言われいてる木が
移植されておもろまち駅北口に植えられている。
このトックリキワタは植物学者天野鉄夫氏が持って来たもので、
トックリキワタの命名も天野氏によるらしい。
ひめゆり通りの神原小学校脇のトックリキワタもその木から増えたもので
そのせいか一斉に花を咲かせていて(もとは同じ木なので開花の時期がいっしょ)。

最近は見ないけれど、よく年末に「日本一遅い桜まつり」と横断幕が張られていた。

 

2012年12月05日

旧美人カレンダー

 

忘年会を前に、なんとなく気だるい空気が漂っています〜。

 

そんな一日のはじまり、皆さんのご機嫌を伺うカレンダーボーイは、

いつもお世話になっている「小雨堂」の店長、新垣さん

 

ボーダーインクとは浅からぬ縁のある方です。

 

ウーウートイレ』のジャケット画・挿絵をご担当され、

まんが 琉球こどもずかん』の著者・ミキシズ姉さんとは、

たいへんなかよしのご夫婦です。

 

ウーウートイレ』を手にニッコリ笑顔。

ただいま、沖縄タイムス火曜日くらし面にて、

「こぶりちゃん」を連載中であります。

 

そちらもチェックしておくんなまし!

 

NEWS お知らせ
2018年06月14日
沖縄県産本フェア~20th Anniversary 6/16(土)~7/4(水)会場:リブロリウボウブックセンター店
2018年05月18日
「ボーダーインク図書目録2018年夏」を制作いたしました。多くの新刊、そいて既刊本が約200点掲載されています。ご希望の方はボーダーインクまでお問い合わせください。